court

​コート長 こにし

ラネ40代のコート長、いつもニコニコ。真顔でもニコニコしているように見える。喜んでいなくてもニコニコしていると考えれば少し闇を感じる。しかし顔の通り彼はすごく優しい。優しすぎて本当は優しいんじゃなくてただのポンコツ説が噂されている。そんな彼の優しさにコート平たちはついつい甘えがちなので怒ることも覚えてほしい。ボケるとツッコんでくれるので会ったらたくさんボケよう。

​コート りょう

いつもわちゃわちゃしているが、真面目な話になると、真剣な顔で聞いてくれる。歌が上手く、一緒にカラオケに行くと、このサークルが歌唱サークルではないかと勘違いしそうになること間違いなしである。ぜひみんなも彼女と一緒にカラオケに行ってみよう!

​コート ほまれ

イケメン高身長であり、一緒に写真撮ってと言われることもしばしばである。その時は決まって、彼が自撮りをさせられるものである。高身長でスッキリとした見た目とは裏腹に、オタクであり、さらに、彼のオタクもおり、ようするにオタクである。コートの中でも頼れるやつであり、コートのみんなが惚れる日は近いであろう。

​コート れな

彼女の笑顔は、サークル内のみならず、全人類を癒す力を持つ。関ジャニをこよなく愛し、チャームポイントはほくろらしい。あまりいない昭和女子大出身の一人であるので、同じ大学の人は話しかけてみてはどうだろうか

​コート ひろき

いまだに厨二病にかかり続けており、無邪気にいたずらをする姿は、さながら少年である。一方、一人暮らしをしており、三越でバイトをするという大人な一面も持ち合わせている。ただ普段は常に楽できないかと考えている。その際、謝ることになれば、俺に任せろと言っており、謝罪専用のスタンプまで持っている。彼に必要なことは、謝る事ではなく、改善する事であることを彼は気づいていない。コートの面数が少なかったら、コイツのせいかもしれない。でも、何だかんだやるときはやる男。

​コート まゆ

初級面で、仲のいい女子達といつも楽しそうにしている。ただ、彼女らが楽しんでいるのは、テニスというよりもおしゃべりである。彼女を一言で表すと、三度の飯より、おしゃべり好き!ちなみに、電車を使うが如く、タクりがちらしい。とても話やすいので、ぜひ話しかけてみよう。

​コート こーや

血液型不明、正体不明な面白いやつ。自分のことをイタリア人と言っているが、どう見ても日本人である。TOEICの点数は900点を優に超え、桁外れの英語力を持つ。しかし、やっぱり見た目はどう見ても日本人である。以下、彼からのメッセージである。
 Ciao Mi chiamo Koya Verso la infinito e oltre! Grazie per la traduzione è!

​コート さくら

あまり知られていないが、国際学部の彼女。コート内でもしっかりしている方である。というか、コートがおっちょこちょいが多いだけなのかもしれない。名前がさくらのため、担当カラーは即ピンクと決まってしまったが、本人はピンクっぽいピンクが好きではないかもしれない。申し訳ないかぎりだ。ただ、よく似合っていると思う。(個人的に)

©2019 laneige 40th

WASEDA UNIVERSITY TENNIS TEAM